Spanish | Column | Magazine | Profile | HOME
 
 


人気の定番料理の基本とコツをマスター
工程ごとの写真が盛りだくさんでわかりやすい!


*ハンバーグ*
(2人分)

タマネギをみじん切りにし、弱めの中火で炒めます。 しんなりしたら砂糖1つまみを加え、色づくまでしっかり炒めます。 パン粉に水大さじ2を混ぜ、水気を絞ります。キッチンペーパーで包むと簡単。 まずは挽肉と塩だけで練り始めます。全体に白っぽくなってきたら練り終わりの合図。

ここに、さきほどのタマネギ・パン粉、卵・コショウ・ナツメグ少々を加えます。 全体まんべんなく混ざるように、粘りが出るまでしっかり練ります。 1個分のタネを手にとり、木の葉型に。中央に窪みをつけ、表面はなめらかに、厚さは1〜2cm。 サラダ油を温め、強めの中火で表面を焼きます(フライパンの淵を使って側面も忘れずに)。
弱火にし、蓋をして5〜6分。(途中蓋はあけないで)ペーパーで余計な油分をふきとります。 赤ワインを加え、一度裏返します。煮汁がなくなるまでしっかり煮つめます。 ケチャップ・ソース・水・砂糖を混ぜます。 フライパンにソースを流し、ハンバーグにからめるようにしながら2〜3分煮詰めます。


ハンバーグは焼きがポイント!強火で焼くと表面ばかり焦げてしまうので、手早く焼くのに慣れてない方は中火→弱火で焼く方がうまくいきます。
弱火で蒸し焼きしてる時は、中が気になっても我慢、我慢。蓋をあけるとお肉のふくらみがしぼんでしまい、何度も竹串を刺して焼き具合を確認してると、そこから肉汁が逃げてパサパサになってしまいます。どうしてもジューシーに焼けない方は、成型したものに薄ーく小麦粉をまぶして焼いてみて。

挽肉は一度空気にふれると急速に痛みはじめるので、ハンバーグを冷凍保存する場合は焼いてから
解凍せずにトマトソースの中に入れ、弱火でコトコト煮込めばフワフワの煮込みハンバーグが出軽に作れます。凍ったまま耐熱皿にのせ、ホワイトソースを流し、ピザ用チーズをちらしてオーブンで焼いてもおいしいですよ(^-^)